自由への扉

Title

自由への扉

Artist
著者 高橋 歩
Data
発行/発売 A-Works
定価 1400円+税
ISBN978-4-902256-07-9
Date
2007年2月12日発売

僕らは、自由に生きるために
生まれてきた。

この世界は素晴らしい。生きるって素晴らしい。
そんな想いを込めて。
高橋歩が、自身の『自由への扉』を開くきっかけとなった様々な作品を交えながら綴った、人生という名の旅を楽しむための言葉&写真集。

onlie shopで購入 Amazonで購入
中身を見る
自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉 自由への扉
BOOK LIST NEXT BOOK

Under Construction

※映像はただいま準備中です。

「この世の中には、おかしなこともいっぱいあるし、誰でも何十年か生きてれば、辛いこともいろいろあるけど、やっぱり、オレは、この世界は素晴らしいぜ!生きるって素晴らしいぜ!」という高橋歩の想いを、シンプルな言葉で、おもいっきり書き殴った言葉&写真集。さらに、自分の想いだけでなく、高橋歩の心を開いてくれた素晴らしい人々の本とDVDを、余すところなく紹介している。世界中の素敵な作品に触れながら、視野を広げながら、自分自身のスタイルで、自由への扉をゆっくり開いていく…そんなイメージで作った本だ。紹介する本・DVDは、ただジャケットを掲載しても面白くない、ということで工夫を凝らした。大切な作品だからこそ、車や洋服のように、自分流にカスタムしてみたい。世界でたったひとつの自分だけの作品にするために。そんな想いから、本書で紹介したすべての作品を、森永博志、デザイナーの高橋実、大津祐子が、自由気ままにカスタマイズ=再デザインして紹介している。その作品たちにも、ぜひご覧あれ。

著者プロフィール:高橋 歩 Ayumu Takahashi

1972年東京生まれ。自由人。
20歳のとき、大学を中退し、仲間とアメリカンバー「ROCKWELL'S」を開店。2年間で4店舗に広がる。23歳のとき、自伝を出すために、仲間と「サンクチュアリ出版」を設立。数々のヒット作をプロデュース。自伝の『毎日が冒険』もベストセラーに。26歳で結婚。結婚式の3日後、すべての肩書きをリセットし、妻とふたりで世界一周の旅に出かける。約2年間で世界数十ヶ国を放浪の末、帰国。
その後、沖縄へ移住し、自給自足のネイチャービレッジ「BEACH ROCK VILLAGE」を主宰。同時に、「A-Works」「Play Earth」「One Peace Books」など、複数の会社を設立。
2008年11月より、再び旅人に戻り、家族4人で無期限の世界一周に出かけている。
[Official Web Site]http://www.ayumu.ch

onlie shopで購入 Amazonで購入

ブックレビュー:

読者のみなさんの感想ブログを募集しています!
ご自身のブログにて本のご紹介してくれた方は、
右ボタンのフォームよりAWまでお知らせください!

感想ブログを書こう!